短期の工場勤務のデメリット

工場で身につけた技術が活かされない

一ヶ月から数ヶ月程度の短期で工場での勤務を行う場合、どういったデメリットがあり得るでしょうか。まず、仕事に慣れてきてすぐに退職ということになってしまうため、せっかく工場で身につけた経験や知識がなかなか活かされないということが挙げられるでしょう。電動ドライバーを使った組み立てのように、ほかの工場でも使う技術を身につけられればいいのですが、勤務先の工場でしか行わないような特殊な技術は無駄になってしまいます。 ヘルプ要員になりやすく、落ち着いて働けないというのもよくあるデメリットの一つです。同じ工場の中でも、今日はラインでの組み立て作業、次の日は梱包作業といった風に転々と働く場所が変わっていき、その都度、現場の上司や同僚も変わってしまうので慣れる間もないでしょう。

ハードな内容の長時間労働を期待される可能性が高い

仕事がハードになりやすいというのもあります。というのは、短期で求人を募集するケースというのは、だいたいが工場をフル回転させるのに人が必要だからです。残業を含めて長時間労働を期待される可能性も高いでしょう。短期で目一杯稼ぐつもりであればいいですが、一日8時間働いて帰るということをイメージしているのであれば、その通りにはいかないかもしれません。 家電などの電化製品を作っている工場で働く場合、アルバイトでも工場生産品を社員割引に近い価格で買えることがありますが、一ヶ月に満たない短期バイトだとその権利はないこともあります。また、社員食堂での支払いが長期で働く人だと専用のプリペイドカードでできるのに、短期で働く人はカードの発行が間に合わないので現金のみということもありがちなことです。