長期の工場勤務のデメリット

工場勤務は体力を消費する

ライン作業で行う場合は基本的に立ちっぱなしで仕事を行うため、足腰に負担がかかります。 期間工でよく募集されている自動車メーカーの組み立て作業などなら尚更です。 座りっぱなしで出来る仕事もありますが、基本的には体力的には辛い仕事となります。 更に週ごとに勤務時間が変わる交替制を採用している工場も多く、その面で生活リズムが崩れることによっても体力の消費に繋がります。 交替制によって夜勤になったり、そうでなくても残業によって夜遅くまで眠れないことは多く、体力を十分に回復できないことにより体調を崩してしまうこともあります。 他にも工場では単調な作業が多いので、それに慣れず飽きてしまう人は、精神的に疲れ、それが体の疲れとして出てしまうこともあります。 以上の症状はすぐには出なくても、1週間、1ヶ月と仕事を続けて行くにつれて出てくるかもしれません。

工場勤務は単調作業な為殆どの場合スキルが身に付かない

工場勤務はライン作業を主にして殆どの場合単調作業を主にしているので、複雑な作業は殆どありません。 よって体力のある若い内は工場勤務をメインにしてもいいかもしれませんが、歳を重ねて体力的に自身が無くなってきたときに単調作業ばかりをしてきたため何も仕事で活かせるスキルが無い、となると仕事に困ることがあります。 ただし例外として溶接工やボイラー技士など、関連する資格が存在する職業も中にはあります。 そのため将来が心配だけど長期的に工場勤務したい、という方は、これらのような資格を身につけられるような職業に就くか、単調作業の場合は仕事以外の時間で英語やプログラミングの勉強をするなど、他に何かスキルを身につけておくことをおすすめします。